top of page
検索
  • 執筆者の写真訪問看護 ひだまり

春にうつ病が増える原因と対策

春は進学・就職のシーズン。新学期、新年度の「新しい生活」が始まり、「新しい人間関係」も作られていくことで、変わっていく環境に心と体がまだ慣れていない時期です。また、暖かい日が続いた直後、急に寒くなるなど寒暖差が激しい日もあり、気候的にも落ち着かない時期になります。

こうした生活環境や気候の激しい変化は、心と体への負担の原因となります。心身への負担は自律神経を常に緊張させることになるので、体調不良や意欲の減退、イライラを引き起こし、うつ病を発症しやすくなってしまいます。





春のうつ病を防ぐための対策とは?

春のうつ病の多くは、生活環境や気候の変化による自律神経の緊張が原因になります。休める時間を増やし、ストレスをためないようにすることが対策の基本です。 以下のことを心がけながら、毎日を過ごしましょう。

  • 睡眠時間を普段より長めにとる

  • ゆっくり時間をかけて食事をとる

  • 休日には予定を詰め込み過ぎない

  • 新生活の負担になるような、習いごとや趣味を増やさない

心身を十分に休ませ、自律神経を正常なリズムに整えるためには、やはり「睡眠」が大切です。毎日6時間以上の睡眠時間を確保し、疲れている日や緊張することが多かったと感じる日は7~8時間くらい眠れる時間を確保しましょう。

もし残業やレポートなどで寝不足になってしまったときは、数日以内にたっぷり眠れる日を作り、早めに睡眠不足を解消し「睡眠負債」をためないようにしてください。

また、ストレスをためないようにするために以下のポイントに注意しましょう。


●ストレス解消を心がけるじっくり湯船につかるようにして、意識的に緊張をほぐしましょう。リラックスしながら「気楽に」できる趣味を楽しむのも、ストレス解消におすすめです。

●気候の変化に対応できるように準備する急な寒暖差は、ストレスだけでなく体調不良の原因にもなります。すぐに対応できるよう、ストールやカーディガンなど常に携帯するようにしましょう。

●花粉症の対処は万全に花粉症の人は、それだけでも大きなストレスとなります。花粉症の薬やマスク、花粉症対策メガネなどでの対処を万全にしましょう。


分に睡眠時間を確保して心身をゆっくり休め、意識的にリラックスできる時間を作りましょう。

また、花粉症や寒暖差も心身の負担になるので、対策を忘れないようにしてください。



〒331-0823

さいたま市北区日進町3-136-2 ヴェリス宮原101

TEL :048-778-8380

FAX :048-778-9916

Email: hidamari.houmonkango@gmail.com

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page